時効はあるのか

金融機関などからの借り入れたお金は借入金いわゆる「借金」となります。
借入金にも時効というものがあるのはご存知でしょうか。

借入先(金融機関か個人か)によって期間は違います。
「消滅」「取得」があり、決められた期間権利を行使しない場合は消滅時効になります。

借入先が個人の場合は10年ですが金融機関などの法人の場合は5年となります。
しかし「時効の中断」という決められた条件が揃うとその期間は伸びることになります。

例えば内容証明郵便で催促を行い6ケ月以内に裁判上の請求があると時効は中断することになります。
また借主が「もう少し待って」とか「必ず返済するから」など自分自身に借入金があると認めた場合も 中断の決められた条件にあてはまります。

しかし期間が過ぎただけでは返済義務がなくなる事はありません。
貸主に「時効が成立しているので支払義務はありません」という意思表示が必要となります。

派遣キャッシングや主婦キャッシングでも同じです。
しかし、時効があるからといって返さなくていいわけではないので注意しましょう。

生活費が底をついて一時的にお金が必要になりキャッシングを利用した山西(仮名)さんの体験談

女、20代、フリーターです。
生活費が底をついて一時的にお金が必要になったので、消費者金融にて、キャッシングサービスを利用しました。
借入金額は50万円以上ですね。知人や友人にもお金を借りていましたので、どうせなら一気に同時に返してしまえ!という思いから。
やっぱり友達からの催促は、精神的に追いつめられますからね。
ですから、キャッシングサービスにて友達にお金を返す分も借りたのです。
徐々にアルバイトを増やしていますので、返済計画はしっかりあるのです。
と、いうよりも、今回消費者金融にて、キャッシングサービスの申し込みをするときに、一緒に返済計画を考えてもらったのです。
コワイおっちゃんが出てくると思っていたのですが、若いお兄さんでしたよ。
なおかつ、私よりもしっかりしていますし、お金についてもものすごく詳しくて、安心して申し込みをおこなえました。
借金にかわりはないのですが、なんだか担当者さんがつくってもらった計画書によりものすごく安心感があるから不思議ですね。

キャッシング 海外について

クレジッドカード会社の中で、海外の金融機関と提携している会社では、海外でもキャッシングする事ができます。提携している金融機関が多いクレジッドカードもあります。この場合、提携している金融機関のATMで、預金口座から預金を引き出すようにキャッシング できます。海外ですから、当然外貨がATMから出てきます。しかも外貨との交換レートも決して悪くありません。海外旅行をする前に国内の金融機関で予め現金を交換していた時の交換レートよりも条件がいい事すらあります。ただ、外貨への両替ではなくて、あくまでキャッシング ですので、当然規定している金利は支払う事になります。単なる外貨への両替と考えるべきではありません。外貨両替の一つの手段ではなくて、金利負担と外貨の両替手数料とを考慮に入れて慎重に考えるべきです。ただ海外で予想していない状況になり、どうしても現金が必要となる場合はあります。そうした事態では、非常に便利なキャッシングと言う事ができます。
またクレジットカードでなくても専業主婦イチ推しカードローン|内緒で安心おすすめ銀行ローン に掲載中のカードローン会社でもお金を借りることが出来るのでおすすめです。

ギャラリー
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ